リオデジャネイロ五輪で日本カヌー界に初のメダルをもたらした羽根田卓也選手が5日、燕市を訪れた。分水高のカヌー部員と交流したほか、分水公民館で講演した。羽根田選手は「強くなるためには積み重ねが必要だ」などと語った。

...    
<記事全文を読む>