新横綱・稀勢の里関が劇的な優勝を決めた3月の大相撲春場所千秋楽の本割と優勝決定戦で、福井県小浜市遠敷にある天龍神社の高橋神龍宮司(77)が行司に贈った軍配と装束が使われた。大相撲ファンでもある高橋宮司は30年近く軍配を贈り続けているが、「歴史に残る一戦で使われ非常に誇らしい」と喜んでいる。

 高橋さんは1970年ごろ、東京で開かれた神主の講習会で行司の最高位である第24代木村庄之助さんと出会い、行司との交流を始めた。軍配は89年に第28代に初めて贈り、現在も年数回贈っている。

 今回の大一番を裁いたのは第40代式守伊之助さん(57)。「第31代の木村庄之助さんが使っていたような軍配が欲しい...    
<記事全文を読む>