カナダ・エドモントンで行われているカーリングの男子世界選手権で、日本代表のSC軽井沢クラブは5日(日本時間6日)、来年2月の平昌冬季五輪出場を決めた。カーリングで日本男子の五輪出場は、1998年長野冬季五輪以来20年ぶり。県勢の平昌五輪出場決定第1号になった。

 平昌五輪出場枠は昨年と今年の世界選手権の順位に応じたポイント上位7カ国に与えられる。1次リーグ9試合を終えて5勝4敗のSC軽井沢クは6日の1次リーグ2試合を残し、ポイント上位7カ国に入ることが確定した。

 北佐久郡軽井沢町に拠点を置くSC軽井沢クは、同町出身選手を中心に2005年に始動。今季の日本選手権で5連覇し、日本の平昌五輪出...    
<記事全文を読む>