カーリング男子の世界選手権は5日、カナダのエドモントンで1次リーグが行われ、日本代表のSC軽井沢クが来年の平昌冬季五輪出場を決めた。日本男子の出場は開催国枠だった1998年長野五輪以来20年ぶりで、自力で出場権を獲得したのは初めて。メンバーの山口剛史は青森大学出身。

...    
<記事全文を読む>