アーチェリー世界選手権(10月・メキシコ)の第2次代表選考会第2日は6日、愛知県岡崎市の岡崎中央総合公園であり、男子はリオデジャネイロ五輪代表の古川高晴(近大職)が首位を守った。菊地栄樹(エディオン)は最終選考への通過ラインとなる4位をキープ。岩田歩(エディオン)は7位、河田悠希(日体大、広島・佐伯高出)は8位となった。

...    
<記事全文を読む>