プロボクシングの日本ミニマム級タイトルマッチ(9日・エディオンアリーナ大阪)に、同級1位の小西伶弥(れいや)=真正=が挑む。対戦する同級2位の谷口将隆(ワタナベ)とは神戸出身で、23歳という共通点がある。陸上の短距離選手から転身したホープは、瞬発力とパワーで「神戸対決」の制覇を誓う。

 小西は神戸市灘区出身、在住。鷹匠中時代に空手や陸上に励み、3年の時に兵庫県中学校選手権400メートルリレーで同校の3位に貢献した。

 六甲アイランド高に進学する前、元世界3階級王者長谷川穂積氏の「打たれない、華麗なボクシング」に心を奪われ、真正ジム入りした。当初は両親に競技を反対され、高校卒業後は簿記の専...    
<記事全文を読む>