伊達市総合体育館(松ヶ枝町)で本年度開催されるスポーツ大会、イベントがほぼ固まった。5月14日には選手、関係者約千人の来場を見込む第59回道南地区剣道大会が開かれる。

 同体育館は総合公園だて歴史の杜にあり、2012年(平成24年)4月にオープンした。鉄筋コンクリート2階建て延べ7410平方メートル。メインアリーナは1809平方メートル、サブアリーナは740平方メートル。指定管理者はNPO法人伊達市体育協会・道南スコーレ共同事業体。

 500人以上の来場を見込んでいる大会は、道内外の剣士が高体連の腕試しを兼ね出場する北海道高校だて剣道錬成大会(5月)、昨年は選手だけで900人が出場した道...    
<記事全文を読む>