全国的なサイクリング人気の高まりに合わせて地域を盛り上げようと、笠間市に「笠間自転車de(で)街づくり協会」が発足した。国体成年男子ケイリンで2位入賞の経験がある会長の大木卓也さん(36)をはじめ、市内の愛好者ら9人・団体で構成。観光名所を巡るイベントなど自転車を活用した事業を展開する予定だ。「ゆっくり走れる自転車ならば、文化、自然、歴史と笠間の多くの魅力を肌で感じられ、観光振興につながるはず」と大木さん。同様の思いを持つ自転車店経営者ら愛好者、JR笠間駅前で貸自転車を行う笠間観光協会が会員となった。事業は観光名所やグルメなどを楽しめる市内周遊自転車イベントの計画、サイクリング用観光マ...    
<記事全文を読む>