世界ボクシング協会(WBA)スーパーバンタム級タイトルマッチ(9日・エディオンアリーナ大阪)に挑む同級8位の久保隼(真正)が4日、神戸市兵庫区の所属ジムで練習を公開した。王者のネオマール・セルメニョ(ベネズエラ)との対戦を目前に控え「状態はこれまでで一番いい」と順調さをアピールした。

 久保は京都市出身の26歳で11戦全勝(8KO)。初の世界戦に向け食事面を見直したことで、体脂肪率は5・4%まで落ち、筋肉量が増えた。「以前は(減量で)力強さがかなり落ちたが、最小限に抑えられている」と手応えを語る。

 相手は37歳で33戦26勝(15KO)と経験豊富だが、ジムの山下正人会長は「久保にはスタミ...    
<記事全文を読む>