スノーボードアルペン種目のプロ選手三木つばきさん(13)=掛川市下垂木=が4日、市役所を訪れ松井三郎市長らに2016-17シーズンの活動報告を行った。「目標は22年の北京五輪の金メダル」と力強く語り、さらなる活躍を誓った。

 三木さんは1~3月、国内外で15大会に出場し13大会で優勝。日本のプロ約50人によるランキングで1位(暫定)に輝いた。海外でのプレーに慣れようと、オーストリアや韓国などで合宿して現地チームの練習にも参加した。

 スノーボードを始めたのは4歳から。父・浩二さん(41)も全国大会優勝者で、影響を受けた。16年には元五輪選手のコーチと契約し、さらなる実力向上を図っている。

 ...    
<記事全文を読む>