第24回北國新聞社杯石川県選手権アイスホッケー競技会第1日(2日・金沢市の健民スポレクプラザアイスリンク=県・金沢市アイスホッケー連盟主催、北國新聞社共催)開会式の後、熱戦の火ぶたが切られ、開幕戦で2年連続15度目の優勝を目指す金沢サンダーバードが金大を37―0のワンサイドで破った。第2戦は金沢工大がディアブロスを7―1で下した。

 開会式では、県アイスホッケー連盟の下沢佳充会長が激励を込めてあいさつ、金沢サンダーバードの小菅深志主将が北國新聞社杯を返還した後、同じく伊勢康平が選手宣誓した。

 大会は30日までを前期、5月7日から6月4日までを後期とし、前後期の総当たりリーグ戦で争われる。...    
<記事全文を読む>