【東京】プロボクシングの東洋太平洋(OPBF)フライ級チャンピオンの比嘉大吾(21)=白井・具志堅スポーツジム=が3日、東京都内で会見し、トリプル世界戦が5月22日に東京・有明コロシアムで開催され、比嘉はWBC世界フライ級タイトルマッチでチャンピオンのファン・エルナンデス(30)=メキシコ=と対戦すると発表した。比嘉は「絶対に世界チャンピオンになる」などとタイトル獲得に意欲を示した。

 2014年6月のプロデビューから12戦連続で全勝全KOの戦績を持つ比嘉は世界戦でも「(KOを)狙う」と宣言した。所属ジム会長の具志堅用高氏が世界チャンピオンに輝いた同じ21歳での挑戦となることについては「...    
<記事全文を読む>