世界選手権(8~9月・ブダペスト)代表最終選考会を兼ねた柔道の全日本選抜体重別選手権最終日は2日、福岡国際センターで男女計7階級が行われた。男子100キロ超級は王子谷剛志(旭化成)が初優勝。リオデジャネイロ五輪銀メダルの原沢久喜(日本中央競馬会、山口・早鞆高出)は準決勝で影浦心(東海大)に敗れた。

...    
<記事全文を読む>