下関市長府松小田東町のボートレース下関で1日、ナイターレースが始まった。愛称は「海響ドリームナイター」で、全国6カ所目、中国地方では初のナイターレース開催場となる。

 高さ約38メートルの鉄塔照明を6本設置し、観客席の屋上にも投光器を整備した。事業費は約31億円。年間180日前後の通年開催を予定している。11月にボートレースの最高峰、SGで史上初のナイターレースを開催する。本年度の売り上げ目標は560億円。< 同レース場正門エントランスで同日、オープニングセレモニーがあった。施行者として前田晋太郎市長が「下関のボートレースをさらに愛してもらえるよう全力を尽くす」とあいさつ。関係者がテープ...    
<記事全文を読む>