【ヘルシンキ=共同】来年の平昌冬季五輪の国・地域別出場枠を懸けた世界選手権最終日は1日、当地で行われ、男子は羽生結弦(ANA)が合計321・59点でショートプログラム(SP)5位から大逆転し、3季ぶりで日本男子初となる2度目の優勝を果たした。羽生はフリーで4度の4回転ジャンプを決め、自身の世界歴代最高を塗り替える223・20点をマークした。

 SP2位の19歳、宇野昌磨(中京大)が自己ベストを大幅に更新する合計319・31点で2位に入った。羽生と宇野の順位合計は「13」以内となり、日本男子は五輪で最大の出場枠3を獲得した。日本勢のワンツーフィニッシュは2007年女子の安藤美姫と浅田真央(...    
<記事全文を読む>