伊勢市宇治中之切町の神宮相撲場で二日に開かれる「神宮奉納大相撲」(伊勢神宮崇敬会主催、中日新聞社後援)の出場力士や親方が一日、市内の近鉄五十鈴川駅に到着し、百人ほどの相撲ファンが出迎えた。

 午後四時すぎ、一行は貸し切り列車で到着。駅前で出迎えたファンは、タクシーやバスに向かう力士の名前を呼んだり、写真を撮ったりしていた。

 愛知県半田市から訪れた好角家の杉原里美さん(51)と娘の亜友美さん(27)は「当日のチケットが取れなかったので、伊勢入りだけは見逃したくなかった。明日も神宮の土俵入りは必ず見に行きます」と話していた。

 二日は、十一時に横綱が伊勢神宮内宮で土俵入りを奉納する。午後一時か...    
<記事全文を読む>