「スポーツ!北海道フォーラム~東京、その先へ ジュニア選手をどう育てるか」(北海道新聞社主催)が1日、札幌市中央区の道新ホールで開かれた。女子マラソン五輪メダリストの有森裕子さんら5人が、約450人を前に、ジュニア選手の育成の仕方や心掛けなどを語り合った。

 前半はバルセロナ五輪銀、アトランタ五輪銅の有森さんが基調講演した。実績がないと門前払いされた高校陸上部で、監督に何度も掛け合って入部し、その監督に「足は速くないが、よく粘るのが最高の武器」と褒められた逸話を紹介。「最後の最後は技術だけじゃ(勝て)ない。子どものメンタル(精神面)を強くする言葉、行動とは何なのかを考えて指導することが大...    
<記事全文を読む>