【ヘルシンキ=原田遼】来年の平昌五輪の国・地域別出場枠を懸けた世界選手権第3日は3月31日、当地で女子フリーが行われ、日本勢は三原舞依(神戸ポートアイランドク)が合計197・88点で5位、樋口新葉(東京・日本橋女学館高)が188・05点で11位となり、2006年トリノ五輪から続いた最大3枠の確保を逃して2枠に減った。

 ショートプログラム(SP)15位の三原がフリー4位で巻き返したが、日本は上位2人の順位合計で「16」にとどまり、3枠を与えられる「13」以内に届かなかった。本郷理華(邦和スポーツランド)は169・83点で16位だった。

 エフゲニア・メドベージェワ(ロシア)が自身の世界歴代...    
<記事全文を読む>