苦節を経て世界一に返り咲いた女性の空手家が、指導者として第二の人生を歩み始めた。昨年10月の世界選手権団体形で2大会ぶり2度目の優勝を飾り、引退した森岡実久さん(26)=川西市。2020年東京五輪の追加種目に決まり、注目が高まる空手界で「将来は日本代表コーチとして、育てた選手とオリンピックで戦いたい」と新たな夢を掲げる。(井川朋宏)

...    
<記事全文を読む>