アイスホッケーアジアリーグのサハリン(ロシア)がプレーオフ準決勝で二重登録の選手を出場させる規約違反をしたとされる問題で同リーグは31日、「違反と断言できない」とする回答書を対戦相手であるバックス側に送付した。1日のプレーオフ準決勝第4戦(午後4時・日光霧降アイスアリーナ)は予定通り実施される。

 回答書では当該の3選手がコンチネンタル・ホッケー・リーグ(KHL)の試合に出場した事実を確認したとした上で「(リーグ規約の)他のチームという表現がアジアリーグ内のチームを示しているのか、リーグ外のチームを示しているのか不明瞭」と規約自体に不備があったことを認め、サハリンに対して処分を科さないと...    
<記事全文を読む>