男子ゴルフの第58回中日クラウンズ(CBCテレビ、中日新聞社主催)が27日、愛知県東郷町の名古屋ゴルフ倶楽部和合コースで開幕した。多くのギャラリーが見守る中、同県東海市出身で9年ぶりの優勝を目指す近藤共弘選手、名古屋市在住の宮里優作選手、三重県四日市市出身の川村昌弘選手らがスタートした。

 前回優勝の金庚泰選手(韓国)とプレーオフで2位となった片岡大育選手は、昨季の賞金王に輝いた池田勇太選手と同組でティーオフ。今大会を過去に5度制した青木功選手もプレーし、74歳7カ月27日で自身のツアー最年長出場記録を更新した。(中日新聞)

...    
<記事全文を読む>