ゴルフの第34回岐阜オープンクラシック2017(岐阜新聞・ぎふチャン主催)最終日は9日、各務原市須衛天狗谷の各務原カントリー倶楽部(6917ヤード、パー72)で決勝ラウンドを行い、谷口徹(フリー)が通算13アンダー、大会ベストスコアまであと一打に迫る131で、2年ぶり2度目の優勝を果たした。ベストアマには、通算6アンダーの138で今野大喜(日大、恵那西中出)が初めて輝いた。

 2位と1打差の単独トップでスタートした谷口は、9番でイーグルを奪ったほか5バーディーを取るなど着実にスコアを伸ばした。

 大会は2日間の36ホールストロークプレーで行われ、決勝ラウンドには予選ラウンドを通過したプロ、...    
<記事全文を読む>