茶臼山高原(豊根村)から山道約七十キロを駆け抜ける「第三回奥三河パワートレイル」(中日新聞社などの実行委主催)の開会式が二十九日、ゴール地点の湯谷温泉大駐車場(新城市)であった。

 地元の穂積亮次市長は「新城市はスポーツツーリズムで町おこしを図っている。皆さんも昨年開通した新東名高速道路を使い、一緒になって協力いただきたい」とあいさつ。

 続いて前回の女子総合部門で優勝した静岡県御前崎市の会社員大石由美子さん(46)が「『天然の遊園地』と思って楽しみましょう」と呼び掛けた。韓国からの招待選手として男子部門に出場する崔徳圭さん(51)も「日本のレースは初めてですが、体調は万全です」と述べた。...    
<記事全文を読む>