【大沼公園】第64回大沼湖畔駅伝競走大会が29日、七飯町の大沼国定公園で開かれ、道内外から参加した118チームの約600人がさわやかな春風に吹かれながら、湖畔を駆け抜けた。

 町や道南陸上競技協会、北海道新聞函館支社などでつくる実行委が主催。小学生から一般までが4人1チームになり、性別や年齢別に11キロ、14キロ、28キロのコースに分かれて走った。

...    
<記事全文を読む>