陸上の世界選手権(8月・ロンドン)の代表選考を兼ねる第51回織田幹雄記念国際陸上競技大会(広島陸協、中国新聞社主催)が29日、広島市安佐南区のエディオンスタジアム広島であった。晴天の下、国内外のトップ選手によるグランプリ(GP)やジュニアなどの計37種目で約1600人が競い合った。

...    
<記事全文を読む>