9年連続で東京箱根間往復大学駅伝(箱根駅伝)に出場した上武大(群馬)の駅伝部に11人が新加入した。

 2004年の創部から箱根の常連へ育てた花田勝彦氏の退任を受け、昨年就任した近藤重勝監督が「瀬戸際の1年」と評した難局を乗り越えた同部。さらなる飛躍に向けて、新戦力たちがチームの底上げを誓う。

...    
<記事全文を読む>