スルガ銀行は27日、競技用義足開発のXiborg(サイボーグ、東京都渋谷区)と提携し、2020年の東京パラリンピックを目指すサイボーグ所属の陸上選手、池田樹生さん(19)=中京大=が使う義足の研究開発や競技活動を資金支援することを決めた。

 長泉町のスルガ銀施設で米山明広スルガ銀社長、遠藤謙サイボーグ社長=沼津市出身=、池田さんが協定書を交わした。スルガ銀は17年度から20年度まで毎年300万円、計1200万円をサイボーグに寄付する。

 米山社長は、提携の発端が出版物誌上での岡野光喜スルガ銀会長と遠藤社長の対談だったと明かし、「ハンディキャップのあるアスリートをテクノロジーで支援する姿勢に...    
<記事全文を読む>