陸上の男子100メートルで日本人初の9秒台が期待される山縣亮太(セイコーホールディングス、広島・修道高出)が、右足首の違和感で29日の第51回織田幹雄記念国際陸上競技大会(広島陸協、中国新聞社主催)を欠場することが24日決まった。古里での大会を欠場するのは2015年以来2度目。

...    
<記事全文を読む>