第7回高橋尚子杯ぎふ清流ハーフマラソン(岐阜新聞・ぎふチャンなど後援)は23日、長良川競技場を発着点に行われ、女子ハーフマラソン1部で3位に入った海津市出身の安藤友香(スズキ浜松AC、日新中出)が1時間12分12秒で日本勢トップだった。

 同部で世界記録保持者のジョイシリネ・ジェプコスゲイ(ケニア)が、大会記録を1分11秒更新する1時間7分44秒で、初優勝。県勢は野村沙世(ユニクロ、益田清風高出)が1時間12分51秒で6位に入った。

 男子ハーフマラソン1部は、ゴール前のデットヒートを制したアレクサンダー・ムティソ(ケニア、NDソフト)が1時間0分57秒で頂点に立ち、ケニア勢が上位5位まで...    
<記事全文を読む>