◆スズキ浜松ACコンビ 日本勢の1、2位 第七回高橋尚子杯ぎふ清流ハーフマラソン(中日新聞社などの実行委主催、特別協賛=スズキ)が二十三日、岐阜市の岐阜メモリアルセンターを発着点に開かれた。ハーフと三キロの二部門で約一万一千五百人が春の長良川沿いを駆けた。

 ハーフ女子は、世界記録保持者のジョイシリネ・ジェプコスゲイ(ケニア)が、1時間7分44秒の大会新で制し、初優勝。ともに八月にロンドンで開かれる世界選手権の日本代表でスズキ浜松ACの安藤友香と清田真央は、安藤が1時間12分12秒で三位、清田が1時間12分41秒で五位に入り、日本人一、二位を占めた。

 ハーフ男子では、アレクサンダー・ムティ...    
<記事全文を読む>