陸上の出雲大会は23日、島根県立浜山公園陸上競技場で行われ、招待選手による男子100メートルは桐生祥秀(東洋大)が向かい風0・5メートルで10秒08をマークして制した。午前中の1回目のレースでは、追い風1・1メートルで10秒11。日本選手初の9秒台突入は持ち越しとなった。山口・周陽中出の宮本大輔(京都・洛南高)は5位だった。

...    
<記事全文を読む>