春ラン漫-。二十三日、岐阜市で開かれた第七回高橋尚子杯ぎふ清流ハーフマラソン(中日新聞社などの実行委主催)。カラフルなウエアに身を包んだランナー一万一千五百人が清流・長良川沿いの街を彩った。

 開催日が例年の五月から一カ月前倒しされ、季節は初夏から春に。スタート時の気温は一五・四度と、少し汗ばむくらい。雲一つない青空に、織田信長ゆかりの金華山の新緑が映える。

 ランナーのいでたちはいろいろ。走り方も違えば、走る理由も違う。スタート直前、高橋尚子さんはランナーを支える家族やスタッフに語りかけた。「今日は皆さん全員が主役です」 沿道では市民が小旗を振って声援を送り、ボランティアが給水などで応援...    
<記事全文を読む>