【宮古島トライアスロン取材班】第33回全日本トライアスロン宮古島大会(宮古島市、琉球新報社主催)は23日午後8時半、制限時間終了を告げる花火が打ち上げられた。スイム3キロ、バイク157キロ、ラン42・195キロの計202・195キロの厳しい道のりを乗り越えてきた選手らが、制限時間直前までゴールの市陸上競技場を目指した。競技場では過酷なレースに参加した選手らをねぎらう声援が飛び交った。選手が奮闘する姿に涙を見せる人もいた。

 男子1位はキャメロン・ブラウン=ニュージーランド、2位はサイモン・ユン=ドイツ、3位はショーン・ワイリーマン=カナダ=だった。女子1位は鷲津奈緒美=神奈川、2位は酒井...    
<記事全文を読む>