【宮古島トライアスロン取材班】第33回全日本トライアスロン宮古島大会(主催・宮古島市、琉球新報社)が23日、同市陸上競技場をゴールとするスイム(3キロ)、バイク(157キロ)、ラン(42・195キロ)の計202・195キロのコースで競われた。

 初出場でアイアンマンニュージーランド12回優勝、世界選手権4回表彰台のキャメロン・ブラウン(44)=ニュージーランド=が7時間49分10秒(速報値)のタイムで総合優勝した。トライアスリートの“レジェンド(伝説)”と称されるブラウンが宮古島でも偉業を成し遂げた。

 大会には1552人(男子1362人、女子190人)が出場した。23日午後1時現在の気象...    
<記事全文を読む>