陸上のぎふ清流ハーフマラソンは23日、岐阜長良川競技場発着で行われ、女子は世界選手権マラソン代表の安藤友香(スズキ浜松AC)が1時間12分12秒で日本人最上位の3位で、同じく代表の清田真央(同)は1時間12分41秒で5位。女子ハーフマラソンの世界記録を樹立したジョイシリネ・ジェプコスゲイ(ケニア)が1時間7分44秒の大会新記録で制した。

 男子で世界選手権(8月・ロンドン)マラソン代表の川内優輝は1時間4分6秒で15位だった。アレクサンダー・ムティソが1時間0分57秒で優勝し、菊池貴文が1時間3分50秒で日本人トップの14位。

...    
<記事全文を読む>