5月14日の「第36回八戸うみねこマラソン」を前に、デーリー東北新聞社は22日、八戸市の本社メディアホールで普通救命講習会を開いた。大会当日にボランティアとして参加する同市の千葉学園高看護専攻科の学生ら33人が有事に備えて自動体外除細動器(AED)を使用した救命方法を学んだ。

...    
<記事全文を読む>