さあ号砲だ-。「第7回高橋尚子杯ぎふ清流ハーフマラソン」(中日新聞社などの実行委員会主催)を翌日に控えた22日、招待選手や市民ランナーが岐阜市内に続々と姿を見せた。大会会場の岐阜メモリアルセンターでは、イベントやグルメブースが大にぎわい。街を挙げ、レース本番に向けてボルテージを上げた。

 岐阜市内のホテルでは、開会式と歓迎レセプションがあった。大会長でシドニー五輪金メダリストの高橋尚子さん(44)や招待選手らが出席し、大会の成功を願った。

 高橋尚子さんはあいさつで、大会の格付けがゴールドラベルになったことに触れ、「一人一人の思いや支援があってこそ」と感謝。「世界の速さを体感できるレースに...    
<記事全文を読む>