「第7回高橋尚子杯ぎふ清流ハーフマラソン」大会長の高橋尚子さんと大会ゲストによる「ランニングミーティング」が二十二日、岐阜メモリアルセンター芝生広場であり、出場を控えたランナー約千百人が一流選手の走りを学んだ。

 十七日の米ボストン・マラソンで三位と健闘した大迫傑選手が、初めてゲストとして参加。アテネ五輪金メダリストの野口みずきさん、タレントの西谷綾子さんとともに、講師を務めた。競技場周辺を二、三キロ走った後、トークショー形式で、練習や調整のコツを伝えた。

 大迫さんは中学時代に大会で競技場を訪れたことがあり、「このスタジアムに思い入れがある」と懐かしんだ。試合前の食事では「炭水化物を多め...    
<記事全文を読む>