陸上の2017日本グランプリシリーズ第2戦、第65回兵庫リレーカーニバル(兵庫陸上競技協会、神戸新聞社など主催)は22日、神戸市須磨区のユニバー記念競技場で開幕し、11種目の決勝があった。

 一般・高校女子の棒高跳びでは、明石商高出身の那須真由(園田女大)が3メートル91の兵庫新記録で優勝した。中学女子走り高跳びは宗沢ティファニー(港島学園=神戸市)が1メートル69の大会新で頂点に立った。

 アシックスチャレンジ男子1万メートルは横手健(富士通)が28分4秒51で日本人トップの3位。同女子5000メートルは佐藤早也伽(積水化学)が16分1秒30で優勝した。ユース女子2000メートル障害は野...    
<記事全文を読む>