陸上の第65回兵庫リレーカーニバル(兵庫陸上競技協会、神戸新聞社など主催)は22日、神戸市須磨区のユニバー記念競技場で開幕した。8月にロンドンで開かれる世界選手権の代表選考会を兼ねた2017日本グランプリシリーズの第2戦で、国内トップ選手らが23日まで熱戦を繰り広げる。

 小中高生たちにとっては兵庫の頂点を決めるリレーの祭典でもある。開会式では、高砂市立荒井小学校の真鍋天馬君(11)と笠原みくさん(11)が「喜びを胸に力いっぱい競技することを誓います」と選手宣誓した。式に続き、小中学生がトラックを疾走し、会場を沸かせた。

 22日はアシックスチャレンジ男子1万メートルなど11種目の決勝やリ...    
<記事全文を読む>