日本陸上競技連盟は18日、2020年東京五輪のマラソン代表選考で、19年9月以降に開く選考大会「グランドチャンピオン(GC)レース」で男女各2人を選出することを柱とした新方式を発表した。北海道マラソンはGCレースへの出場権を得る1次選考の位置づけの大会となり、1996年アトランタ五輪の代表選考レースとなって以来、22年ぶりに選考に関わるレースとして復帰する。

 選考は2段階制で、今夏から19年春まで行われる大会を「GCシリーズ」として日本陸連が定めたタイムや順位をクリアした選手がGCレースへの出場権を得る。GCシリーズは、今年の北海道マラソン(8月27日・札幌)が皮切り。同日の臨時理事会...    
<記事全文を読む>