第62回県縦断駅伝競走大会(山形新聞、山形放送、山形陸上競技協会など主催)で、米沢の高岡利彦さん(41)=置環=は出場すれば22回目。「ここまで来たのは喜び」と話す一方で「再び米沢が強くなるまでは続けたい」。チーム最年長として浮上に心を砕く。

 初出場した米沢工業高生の当時、米沢は上位の常連だった。だが第45回(1999年)以降は総合7位以下が続く。「以前は社会人選手が多くチーム内の競争が激しかった」。近年は、地元に就職する選手がいても、仕事や家庭の環境が整わず競技を続けられないケースに危機感を抱く。「自分は家族と職場の理解があり、感謝です」と高岡さん。

 40歳を超えメンバーに選ばれるこ...    
<記事全文を読む>