陸上の世界選手権(8月・ロンドン)代表選考会を兼ねた第65回兵庫リレーカーニバル(兵庫陸上競技協会、神戸新聞社など主催)が22、23日、神戸市須磨区のユニバー記念競技場で開かれる。2017日本グランプリ(GP)シリーズ第2戦で、GP男子4種目、同女子6種目に国内の一線級が集まった。3年後の東京五輪を見据え、期待の若手も飛躍を期す。世界への一歩を踏み出す注目選手を紹介する。(伊藤大介)■設楽悠太(ホンダ) GP男子1万メートル マイペースでは世界に届かない。2月の東京マラソンで、設楽悠太はアフリカ勢の高速レースに食らいついた。

 「(初マラソンに)挑戦ではなく、勝負をしに来た」。多くの実業...    
<記事全文を読む>