第16回恵那峡ハーフマラソン(実行委、東濃地区陸上競技協会主催、中日新聞社共催)は16日、恵那市武並町の県クリスタルパーク恵那スケート場を発着点に開かれ、県内と愛知県を中心に2741人が出場した。

 日本陸連公認コースでのハーフマラソンや、3キロのロードレース、ジョギングの3部門で、年齢や性別などで22種目があった。初夏を感じさせる晴天の下、選手たちは満開となった沿道のサクラも楽しみながら、健脚を競った。

 有力選手が集まるハーフの陸連登記登録者の部では、男子が愛知県豊田市の会社員上田泰輔さん(29)、女子は名古屋市西区の大学院生服部綾実さん(25)が優勝した。

 (生田貴士)
...    
<記事全文を読む>