第62回県縦断駅伝競走大会に出場する酒田・飽海の壮行会と寒河江・西村山の結団式が16日、それぞれ地元で開かれた。

 酒田・飽海の壮行会は酒田市希望ホールで開かれ、選手ら関係者約70人が出席した。矢口明子酒田市副市長が「日ごろの練習の成果を十分に出し切り、昨年の結果(総合2位)を塗り替えてほしい」と激励。阿部亮監督は「昨年を上回る戦力がそろった。他チームの実業人選手は手ごわいが、市民の皆さんに恩返しできるような走りを展開したい」と述べた。

 那須栄一遊佐町教育長、関井美喜男酒田市議会副議長が激励。選手を代表し、高橋健人選手(日情システムソリューションズ)の宣誓で締めくくった。

      ◇ ...    
<記事全文を読む>