両手を高く挙げ、満足そうな表情でゴールに飛び込んだ。初出場で優勝を飾った畑中は「チームスタッフや前日に泊まった民宿の人たちの声援に後押しされ、楽しい大会になった」と喜んだ。

 気温20度を超す暑さの中、力強い走りを見せた。先頭を走る優勝6回の実力者、菊池(静岡県)を3キロすぎで抜き、折り返し地点を過ぎた下り坂で一気に引き離した。「ペースを緩めなければ後続が諦めると思った。作戦通りのレース」と振り返る。

 白石市出身で、宮城・蔵王高で陸上を始めた。陸上自衛隊などを経て2011年に転職して現在のチームに入った。埼玉に転勤になり、5年間ほどは仕事が多忙で十分な練習ができなかったが、大崎市に戻った...    
<記事全文を読む>