第71回盛岡市内一周継走大会は16日、同市の県営運動公園陸上競技場を発着点とする周回コースで行われ、中学校、高校、一般の男女6部門で計314チームが争う。レースを翌日に控えた15日、各チームの選手たちは小雨が降る中、コースの試走や同競技場周辺のジョギングに汗を流し、本番に備えた。

 全校生徒48人の大川目中(久慈)は女子のみ出場で、10位台を目指す。3年続けて1走に起用される竹花栞奈(かんな)主将(3年)は「みんな全力を出し、楽しく走りたい」と明るい表情を見せた。

 16日は午前8時半から同競技場で開会式を行い、同9時5分の中学校女子を皮切りにレースが始まる。

...    
<記事全文を読む>