日本陸連は14日、2020年東京五輪マラソン代表の選考方式を18日に公表すると発表した。19年秋以降に開く選考大会で男女上位各2人を代表とすることを柱とした新方式を導入する方向となっており、同日の臨時理事会で承認を得た上で記者会見する。

 今夏から19年春までの指定大会で日本陸連が求めるタイム、順位をクリアした選手が選考大会の出場権を得る2段階選抜となる。残る1枠は19年秋から20年春までの国内指定大会でのタイム最上位に決まるが、設定記録突破が条件となる。一連の選考法は「マラソングランドチャンピオンシリーズ」と銘打つ。

...    
<記事全文を読む>