「第25回津山加茂郷フルマラソン全国大会」が16日、津山市加茂町中原の市加茂町スポーツセンター総合グラウンドを発着点に開かれる。節目を迎えた今大会は、第1回から24回連続出場している岡山県内外の7人を招待選手として招き、北海道から宮崎県まで31都道府県の2094人がエントリー。中国山地の新緑と清流に彩られた自然豊かなコースで健脚を競う。

 標高差約300メートルの起伏に富んだフルマラソンは6部門に1729人、4・2195キロのミニマラソンは3部門に365人。午前9時から開会式があり、フルは同10時、ミニは同10時半にスタートする。フルの各部門優勝者は「おかやまマラソン2017」(11月1...    
<記事全文を読む>