仙台市で5月14日に開かれる第27回仙台国際ハーフマラソン大会(仙台市、宮城陸上競技協会、東北放送、河北新報社など主催)の国内特別招待選手に10日、昨年の覇者で箱根駅伝の元祖「山の神」今井正人選手(33)=トヨタ自動車九州、福島・原町高-順大出=、公務員ランナーの川内優輝選手(30)=埼玉県庁=ら4人が決まった。

 今井選手は順大時代、箱根駅伝山上りの5区で3年連続区間賞に輝いた。フルマラソンで日本歴代6位の2時間7分39秒は現役国内最速タイム。昨年の仙台国際ハーフで初優勝を果たした。

 川内選手は6年連続7度目の出場。2011、13年世界陸上男子マラソン代表で、14年仁川アジア大会マラソ...    
<記事全文を読む>